東方からの響き

W・Q・ジャッジ著 神智学の概要の本。星野未来訳

1

1

 西洋の人に非常に奇妙な迷信のように見えるのは、インドに広く存在する、測り知れないほど高齢であると言われる不思議な人たちについてと、その人たちが普通の旅行者には近づけない場所に隠遁しているという考えである。長いことインドで一般に認められているこれらの存在に当てはめられた名前は、サンスクリット語でよく知られている「マハートマ」である。この語は二つの語が組み合わさったもので、つまりマハ(大きな)とアートマ(魂)から成る。このような人たちの存在を信じることは、無知な人に限らず、すべてのカーストの教養ある人にも共通している。低い階級の人たちはマハートマたちを神のような存在とみなし、彼らの驚くべき能力と長寿について思いめぐらす。博学な人や知識階級、そして教養あるインド人たちは概して、それとは異なる考えを持っている。その人たちは、マハートマが自然法則と、人の歴史および発展について無限の知識を有する魂あるいは人間だと言う。また次のことも断言する。マハートマたちーー時にはリシたちとも呼ぶーーはすべての自然法則の知識を長い間保存してきたが、それは門弟たちの間で語り継がれるだけでなく、インドの数多くある地下の寺院と通路のどこかに存在する蔵書と実際の記録によっても保たれてきたのだ、と。ある信奉者たちは、ヨーロッパ人に知られていないチベットの地にも至るところに隠された場所があり、そこには本と記録が保管されていて、そこへ近づくことが可能なのはマハートマとアデプトだけだと主張する。

 人間は霊的な存在ーー言い換えれば、魂ーーであり、この魂がついには完全な英知に達するためにこの世の人生から人生へ、異なる肉体をまとって生まれ、経験を重ね、マハートマあるいは完全になった魂の住まう場所に合った体を身にまとうことが可能となるのだ、という古いインドの教えから全世界に広がった説が信用された。それから、ある特別な魂が人類の霊的助力者となるという。完成された人たちは、宇宙と世界の始まりについて真相を知っており、それだけでなくこの地球上と他の惑星上での人の進化についても知っていると言われている。

 そのような教えはインドでのみ保たれていて、この短い批評を無視するのも自然なことだろう。しかしアメリカとヨーロッパの大部分の人が同じ信仰を持っているのがわかったら、このような思想の非西洋的な発展について特筆するのは興味深い。神智学協会は、普遍的な人類同胞主義の中核を形成するという明言された目的と共に1875年、ニューヨークで創立された。そしてその創立者たちは、彼らにこのような協会を設立するよう指示したインド人のマハートマたちを信じる、と明確に示した。協会は設立以来、あらゆる国で会員を得た。会員の中には資産家と同じくらい中流階級の人々もいたし、高い教養を持つ人たちもいた。会員たちにはインドのマハートマたちがいるという確信と、輪廻とその対を成す教えであるカルマへの信仰が栄えた。この最後に言及した影響力、カルマは、人間や神に、ある人が為した行為の結果から、そして以前の生まれ変わりにおける行為と思いのせいで、この生で経験していることから、その人を免れさせることはできない。

 これは本や雑誌に一連の著述として刊行され、アメリカ、イギリス、インド、その他の国へともたらされた。ヒンドゥスタンと古いセイロンにも、そこの新・旧の宗派のために現地語で新聞が発行されている。日本にさえ同じ目的の定期刊行物がある。そしてたいへん大きく広がった活動を無視することは、私たちの成長に作用している要因について無知であることを示すだろう。フランスの学者エミール・バーノフのような高位の権威が、神智学運動は今日、世界で三つの大きな宗教的影響力の一つであると言った今、西洋文明の染み込んだ読者に、詳細な連載記事の許しを乞う必要はないのである。

 

広告を非表示にする