東方からの響き

W・Q・ジャッジ著 神智学の概要の本。星野未来訳

1

1 西洋の人に非常に奇妙な迷信のように見えるのは、インドに広く存在する、測り知れないほど高齢であると言われる不思議な人たちについてと、その人たちが普通の旅行者には近づけない場所に隠遁しているという考えである。長いことインドで一般に認められて…

読者へ

読者へ 『東方からの響き』はジャッジ氏により一六年前(一八九〇)に、有名な雑誌のために書かれた一連の著作集である。著者はこれを「Occultus」の名で書いた。シリーズが全部揃うまで誰が書いたかを隠す意図があってそうしたのだ。神智学の教えを大衆的に…

献辞

愛と感謝をこめて ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキーに捧げる 著者